おうちでアート~作品と手順を紹介~

ストーンアート 石というキャンバスの魅力

MENU

風景をスマホで撮るときの工夫~感じたことを表現する構図とは? 意識したい3つのこと~

はじめに

写真の構図を考えるときに大切なのは、アングル(角度)とポジション(位置)とズーム(距離)を調整すること。それによって画面の中に写る被写体の形や大きさ、場所などは変わる。

それでは、どんな構図の写真が美しいのだろう。

たとえば名作の絵画は、計算し尽くされた構成が美しい。

カメラでも、アングルとポジションとズームを考えながら、すてきな構図の写真を撮りたいものです。

自分が表現したいテーマの魅力を伝えるために、構図を考えてみました。

魅力を表現する構図を考えよう!

アングル・ポジション・ズームを変えて写真を撮ってみた。構図の違う写真になる。

テーマ「秋の豊かな実り」

みかんの木を撮る

みかんがたくさん実っている。すごい数なのでびっくり。いいなあ。青い空に黄色いみかんが美しい。

その驚きと美しさを表現したい。

ポジションは目の高さ・アングルは真っ直ぐ

スマホは目の高さにして、傾けないように真っ直ぐに撮る。

・ポジション(位置)・・・目の高さ

・アングル(角度)・・・真っ直ぐ

こうすることで、遠くまでたくさんの実りが見える。

ポジションは目の高さ、アングルは真っ直ぐで撮った写真

ポジションは目の高さ・アングルは真っ直ぐ
 ズームの代わりに近づいて 

2、3歩歩いて近寄り、被写体をアップにする。 

近づいて撮った写真

近づいて撮る
アングルを上向きに

木に近づいたまま、スマホを上向きの角度で撮る。

・アングル(角度)・・・上向き

アングルを上向きにして撮った写真

アングルを上向きに
場所を移動して

撮影する主役を作り、移動して撮る。

今回は、スマホに近い位置に実があり、主役ができた。

・アングル(角度)・・・上向き

場所を移して主役を作り撮った写真

場所を移して主役を作る

青い空との色合いが生命の喜びを感じさせる。

どのような場所に実が成っているのか分かるような情報は、あった方がいい場合もあるが、カットしていいと思う場合もある。

こちらの写真は、ポジションをハイ(高く)、アングルもハイ(上向き)にして周りをカットした。

現在、スマホで写真を撮っている私には、ズームしたときの画質が落ちるのが難点。

近づける場所ならば距離を縮めるようにしている。

テーマ 「空に浮かんだ面白い形のクジラ雲」

面白い雲の形を見つけて撮る

クジラの形の雲を発見。青い空をゆっくり泳いでいく。秋の空は高く広い。いい天気が気持ちいい。

スマホのズーム   

雲には近づけないのでスマホのズーム機能を使う。

大きさを比較できるように、建物を入れる。 

スマホのズーム機能で撮った写真

1 スマホのズーム機能で
トリミングした写真 雲だけにする

スマホのトリミング機能で、周りはカットしクジラだけを残してみた。形を重視した表現。

クジラの雲だけをトリミングした写真

2 クジラの雲だけをトリミング

スマホで被写体を大きく写すとき、周りをトリミングして大きくしても、ズーム機能を使っても、画質はあまり変わらない。

遠くのものは、空間に余裕をもって撮影すると好きなところでトリミングできる。

スマホのトリミング  建物を入れる

カットしすぎると大きさも場所も分からなくなる。被写体の大きさを表すために、建物を入れてトリミングした。

上の1枚目のクジラの写真はスマホのズームを使った。

こっちは、後でトリミングしたもの。1枚目と画質はほぼ同じ。

トリミングして建物を入れた写真

3 トリミング

トリミングした写真は、好きなところでカットできるのがよいところ。

ところが、そのとき感じたゆっくりと青空を行く様子が分からなくなった。その場の感覚ではなくなっているのかも。

アングルは真っ直ぐ・ポジションは目の高さ

・アングル(角度)・・・真っ直ぐ

・ポジション(位置)・・・目の高さ 

アングルは真っ直ぐ、ポジションは目の高さで撮った写真

アングルは真っ直ぐ・ポジションは目の高さ

青い空が美しいが、他にも雲があるのでクジラの形が分かるかな。と、ちょっと心配だったが、この写真の方が一番気持ちにあっていると感じた。

改めてクジラの形そのものよりも、青い空が広がっている中に泳いでいるようだというのが、伝えたいことだと思いました。

テーマ「この歩道の先は知らない町」

長い一本道を撮る

真っ直ぐの歩道には誰もいない。不思議な感じを受ける。

この感覚を、画面を上下させて位置(ポジション)の違う写真で表現してみた。

ポジションは目の高さ

・ポジション(位置)・・・目の高さ

・アングル(角度)・・・真っ直ぐ

ポジション(位置)は目の高さ、アングル(角度)は真っ直ぐで撮った写真

ポジション(位置)は目の高さ、アングル(角度)は真っ直ぐ

アングルを下向きに

・ポジション(位置)・・・変更なし

・アングル(角度)・・・下向き

アングルを下向きにして撮った写真

アングルを下向きに

道が長く延びている。主役は道になった。

アングルを上向きにして

今度は、上向きにして撮影。

・アングル(角度)・・・上向き

アングルを上向きにして撮った写真

アングルを上向きに

道よりも青い空が映えて、お散歩日和なのが強調される。

道が主役なので、二番目のアングルが良いと思いました。

テーマ「秋まっただ中」

イチョウの木を撮る

ポジションは目の高さ・アングルは真っ直ぐ

・ポジション(位置)・・・目の高さ

・アングル(角度)・・・真っ直ぐ

ポジションは目の高さ、アングルは真っ直ぐで撮った写真

ポジションは目の高さ・アングルは真っ直ぐ

イチョウの木を客観的に撮っている。黄色くなってきたのが分かる。

アングルを下げて

少し移動して、地面が入るように撮影。

・アングル(角度)・・・下向き

アングルを下げて撮った写真

アングルを下げて

落ち葉が敷き詰められた様子に、秋まっただ中だと感じられる。

まとめ

スマホで撮影するのは、普段の生活の中での突然の発見に便利だ。持ち歩いていればすぐに撮影できる。カメラより軽くて気楽だ。画質だってなかなか大した物だ。

かなりの枚数が撮れるので、いろいろ試すことが出来る。

アングル、ポジション、ズームの3つを意識して撮影し、鑑賞してみた。ちょっとした動きで画面は随分変わる。

ポイントは自分の言いたいことが伝わるかどうか。

また、それ以上に、まずは対象に具体的な感想をもつことが大切だと思います。それがあれば、なんとかなりそうです。

感想

今まであまり意識していなかったが、撮影した写真を改めて見てみたら、アングル、ポジションをいろいろ変えて撮っていた。大抵は散歩中で、ワンコが一緒なので、引っ張られながら撮る。じっくり構えるのが困難なため、大急ぎで角度を変えて数枚撮っている。

一眼レフカメラで撮っていたときは、特にズームを楽しんでいたが、スマホでは後でトリミングすることも利用している。

しかし、カメラをまた使いたくなってきた。それに、ゆっくり旅行して新しい風景に出会いたい。

 

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 石ころ・流木アートへ

【ストーンアート】何を作ればいいのだろう? 子どもの発想を広げるモチーフのワークシート

ストーンアート作品を撮った写真

ストーンアート作品

はじめに

ストーンアートは、自然の石を観察すると、その色や形から制作したいモチーフ(素材)が思い浮かぶこともある。

しかし、頭に浮かばないときどうすればいいのだろう。

動物でも植物でも好きな物を作っていいって、案外難しい。何か参考にできるものはないだろうか。

そこで、”自分の好きな分野から自分だけのモチーフを見つける方法“を考えた。

ストーンアート第9回。

今回はモチーフを分野ごとにまとめた図表を作ってみました。

発想を広げるためにモチーフについて考えよう

モチーフの分野表を作る~ワークシートの制作~

世の中の作品に動植物をモチーフにしたものは多い。とはいえ、具体的にはどんなものがあるか、すぐには浮かばない。

はじめはモチーフになりそうな分野(動物、植物など)を複数あげ、さらに細かな内容を発想したり調べたりして書き込み、表を完成させてみよう。

ワークシートの制作例

モチーフの分野別の図表

モチーフの分野別の図表

好きな分野を選ぶ

好きな分野の中にこそ、描きたいものがあるのではないだろうか。

スポーツが好きな人は、ボールやラケットなどの道具、シューズやキャップなどの身につける物などが浮かびやすいだろう。オシャレが好きな人は、靴やカバン、アクセサリー、洋服など。

子供達の生活に合わせ、思い出しやすいようにという視点で分けてみた。また、表の中にはないとしても、これだけ見れば自分の好きな物が思い出せるのではないでしょうか。

調べてモチーフを決める~ワークシートに記入~

表に書き込んでいる内に、自分が最も詳しかったり好きだと思えたりする分野が見つかる。そうしたら、ネットや書物でもっと調べよう。

同じ分野の中にもたくさんの種類があるかもしれない。今回制作したグローブも、各種スポーツメーカーの商品があり、色もデザインもさまざまだ。いつでも参考にできるように、いいと思った部分をスケッチしておいてもいいですね。

ワークシートを作るときに余白を多めに設けておけば、言葉もスケッチもメモしやすい。

また、調べているうちに、もっと他のモチーフを選びたくなるかもしれない。興味・関心は広がっていく。それも素晴らしいことですね。

書き込み例(調べた後)

図

モチーフの分野別の図表(記入後)

形を調べてとらえる

自分らしい作品にするためには、実物をよく観察しよう。

自分の記憶だけを頼りにして描いた形は、どこかで見たようなデザインであることが多い。一般的な形や、流行している形だ。これらの形は皆が取り入れやすいので、似てしまうことがある。やっぱり自分らしい作品を作りたいものです。

ネットや図鑑などの資料を用意して実物を確認したうえで、下描きをすると良い。いろいろな角度から見ることの出来る資料があれば便利。

スケッチしてみることがお勧めです。

野球のグローブを作ろう

モチーフを決める

私はスポーツ観戦が好きだ。野球は特に南海ホークスで四番キャッチャーだった野村克也さんのファンだった。

野球といえばユニフォーム、野球帽、スパイク、バット、グローブなどがモチーフとして思い浮かぶ。

最近では大リーグの大谷翔平選手が、日本の小学校に野球のグローブをプレゼントすることが話題になっていたなあ。なんて素晴らしい! 

そこで、軟式のグローブを作ってみようと思う。 

さあ、石を見つけよう。

制作手順

1 石を選ぶ

グローブを作ると決めてから石を探してみた。ちょっと手みたいな形の石を見つけた。

手のような石を撮った写真

手のような石

製作前に、石は良く洗ってしっかり乾かします。

2 資料を探す

ネットで「グローブ 写真」と検索した。軟式と公式の野球グローブがある。軟式グローブにしぼって色々な角度のものを見る。

石の形に合わせて下描きする。

水で下描きしてみて撮った写真

水で下描きしてみる
3 下描き

はじめはスケッチブック等に下描きをする。石の形の中にモチーフをどのように描き込んでいくとよいか、当たりをつけられる。

子どもや生徒には、石の形を上手に活かして描けるように、下描きの段階でアドバイスがあれば伝えたい。

石に直接下描きするときは、固有色(対象がもつ本来の色。グローブなら茶色など)を水で薄めて、輪郭を描く。

今回の作品では石が小さいので、グラブの紐など細かなところは省略したり、単純にしたりした。

4 下地塗り

固有色で中を塗る。他の色の部分は、その固有色を塗る。

下地塗りをして撮った写真

下地塗り
5 影を描く

影には大きく2種類ある。凹凸によって光が遮られて出来る影と、形の形状からできる明暗を、それぞれ塗り重ねる。

影を描いて撮った写真

影を描く
6 光を描く 

光が反射している部分に、明るい色を入れる。特に明るい部分の光を描くことで、皮のツヤも表せる。

光りを描いて撮った写真

光を描く
7 ニスを塗る

ニスを塗って完成。

ニスを塗って撮った写真

ニスを塗る

まとめ 

発想することは難しい。「好きな物で良いから作ってみよう」と言うのが、思いつかなくて一番大変だという人はいると思う。でも、もし自分らしさのあるモチーフを1つ選ぶことが出来たら、いろいろな作品に活用できる。

例えば鉄道が好きだったら、ポスターや彫刻、粘土、イラストなどの作品のモチーフに電車を使うかもしれない。好きだからこそ、丁寧に詳しく作りあげることができるだろう。モチーフが同じでも、それぞれの制作の勉強になるはずだ。

自分の興味関心がどんな物や事にあるのかを見つけることは、図工や美術の授業はもちろんのこと、総合的な学習の時間をはじめ、オリジナリティが求められる学校の調べ学習などにも役立つことだろう。

今回の表のようなワークシートに記入する取り組みは、なるべく小学校から中学校一年生くらいまでの間に一度やっておくと、その後の発想の足がかりになるのではないかと思います。

感想

今回の作品例はグローブ。モチーフを選んでから石を探すというやり方だった。大切な物を描くことが出来る石を探す。校外学習や移動教室に行く前に決めていけば、河原で石を探すことが楽しめるだろう。

そして、自然の中で石の多くの色や形を見て、思いも寄らなかったものを発想するかもしれない。形を見て驚き、表現したいモチーフが変わることもあるだろう。興味関心の幅は広がっていく。自分で探し、観察することは、想像する力をアップさせるのにもってこいだ。

ストーンアートのグローブを撮った写真

ストーンアート グローブ

 

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 石ころ・流木アートへ

写真に何を撮ればいいのか迷ったときは? 身の回りの自然のシャッターチャンスを逃さない

定年退職して、ワンコとゆっくり散歩する時間を楽しめる身分になった。自然の中のシャッターチャンスはどんな時にあるのだろうと、秋の一日に考えてみる。

自然のシャッターチャンス

植物の写真 

街の中の植物は植えられた物が多い。人々が丹精込めて咲かせた花。

毎日通りがかって目にしているだけで、「あ、今日だ!」という日がある。

長く咲いているようでも、翌日は、昨日にかなわないなんて思いますよね。

道ばたの花にも、その日がある。これがシャッターチャンス。

小さな花を撮った写真

小さな花

その点、観光地となっているような花畑では、期間中どこかしらで今だ!という見頃の花がある。

写真を撮るのにピッタリの花を探しやすいのがありがたい。

木の実や果実

実りには周期があるように感じる。ある年がもの凄い豊作だとしても、翌年は不作になるというように、木が休んでいる時がある。

このみかんの木は今年すごいけど、あっちのみかんの木は今年あんまりなっていない・・・というようなことが。木の1本1本にばらつきがあるように感じる。 

柑橘類の実りを撮った写真

柑橘類の実り

自然界では、実が多く成る時期のあることと、木によってばらつきがあることが生物を生かしてくれるように思う。一斉に実らないことがあったら、生態系に影響がありそうだものね。

山奥で野生の動物たちは豊作の木を探し求める。そして見つけて狂喜乱舞だろうなあなんて想像するのも楽しい。

南天は色付き始めた。まだ、朱色。

色付きはじめた南天を撮った写真

色付きはじめた南天

町でも、野草は実る。

たとえば、山芋のワケギであるムカゴ。美味しいので大好きだ。

わが家ではフライパンにゴマ油をひいて煎る。途中で水をさし、蓋をして蒸し焼きにする。塩を振ったら、もうたまらない。独特の香りが魅力的な、野次あふれる秋の美味。

ムカゴを撮った写真

ムカゴ

カラスウリは鮮やかな色でとてもきれい。まだオレンジ色。秋が深まれば赤くなる。

カラスウリを撮った写真

カラスウリ

タネを煎ると食べられると、野草図鑑に書いてあった。気になって一度だけ試してみたことがある。

これは「食べられる」といっても、美味しいというのとはちょっと違うね。

空の写真

雲は青いキャンバスに、色々な絵を描いてくれる。自由奔放な筆のタッチのように。

青空の雲を撮った写真

青い空に雲

たまに、何かに見えてきて楽しい。

毎日見上げていると、自分好みの「絵画」が見つかる。ああ、すごいなあと思ったときがシャッターチャンス。

時間によって色を変え、夕焼けなどの美しい空を見せてくれる。

夕焼けとカラスを撮った写真

夕焼けにカラス

季節によっても形を変える。夜には、月がのぼる。

雨上がりの写真

雨が降って急に晴れたら水たまりのチャンス。晴れた空が鏡のように映る。

水たまりに映る空を撮った写真

水たまりに映る空

雨上がりには、カメラやスマホ、タブレットを持って歩き回ってみることがお勧めだ。

感動を表すための工夫~視点を変えてみよう~

大きな木があった。

背景の建物や電柱を一緒に撮影することで大きさは伝えられる。でも、その木を見たときの自分の気持ちも写真に表したいものです。

大きくてたくましくて立派な木だなあ、という感動。

こちらの写真はスマホを自撮りの設定にして、下から撮ったもの。

松の木を下から見た構図で撮影した写真

松の木を下から撮る

どのくらいの大きさなのかは分からないかもしれないが、見上げたときの気持ちを伝えることはできる。

自撮りは視点が変えられるテクニック。

 

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 石ころ・流木アートへ